読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【MBA100の基本】大数の法則?女児が来る日が多いのは?

書評

 ジャケ買いである。このクセを治さないといけない。

MBA100の基本

MBA100の基本

 

"基本"というタイトルの通り、内容はかなり薄い。

100という数字にとらわれすぎてしまったのではないかと思う。それくらい、一つ一つ大切な事なんだろうけど、それぞれの内容が1.5〜2ページほどで完結する。

 7つの習慣は7つであのボリューム。数字にこだわることは大切だと思うが、目的を見失っては本末転倒なところもがあるが、そこは"基本"というメッセージが予防線として成立しているのかもしれない。

 

***

一つ一つのメッセージの重要性というのは、いわずもがなな部分もあるが、それは大抵いたるところで言われてるような内容である。そういう意味では本書としての独自性・新規性は皆無なのかもしれない。そのため、復習としての読むにちょうどいいくらいかなというところではあるが、テーマは幅広く扱っているので、100のうち数%は新しい発見があるのかもしれない。

 

***

一つ気になった部分があった。こちらは単純に私の不勉強ではあるのだが、

統計を扱うテーマの中で、著者は以下のような問いかけをしている。

 

A)毎日100人の児童がくる公園で女児が60人以上来た日
B)毎日10人の児童がくる公園で女児が6人以上来た日

 

こちらどちらが多いかという問い。わからない人は勉強しなさいということで、終わってる。

 

どっちだろうかなぁなんてことを考えていたが、あまり答えは出ず。で、ちょっとぐぐってみると、

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

すげーよ、知恵袋。というか、同じ内容で答えを知りたがった人がいたってところか。

ただ、回答については納得感があったが、本書においては、

答えは圧倒的にBが多い、です。

これは「大数の法則」によるものです。なぜそうなるのか、わからなかった方は、統計に弱い傾向があるといえますので、弱点克服を意識していただくといいと思います。

ってな感じで、上から目線で書いてあり、なぜBなのかの根拠は書いてない。

 

で、実際それが大数の法則なのかどうか。という点においては少し違和感があったり。いや、大数の法則に対しての理解も私自身が不十分なのかもしれない。

 

大数の法則 - Wikipedia

大数の法則(たいすうのほうそく、英: law of large numbers)は、確率論・統計学における極限定理のひとつで、「経験的確率と理論的確率が一致する」 という、素朴な意味での確率を意味付け、定義付ける法則である。

試行回数が大きくすると、理論的確率に近づくというざっくりな理解で恐縮なんだが、それと今回の公園のケースは、大数の法則としての例として適切なのだろうかと。

 

まぁそういった疑問を与えたくれただけでも、私にとって本書としては読む価値があったのかもしれない。

 

とはいえ、マーク・ザッカーバーグのDone is better than perfectなんて紹介されているのを見ると、ちょっとがっくしって気分にはなるけどね。

 

MBA100の基本

MBA100の基本

 

 

【カルテット】最終話 人生チョロかったという話

カルテット

まぁ、それぞれですよね。ってところで。

www.tbs.co.jp

 

深読み合戦のような流れは新規視聴者を拒む傾向があるように思うが、

どうだろう。

nlab.itmedia.co.jp

 

今回の最終話では、いわゆるメディア(というか週刊誌)と、それに流される大衆が一部描かれる。カルテットの面々としては事実ではないようなことも勝手に記事にされてしまい、心を痛めてしまったりすることもあるが(解散を言い出したり)、最終的にはそれを逆手にとって、コンサートでの演奏を実現する。

 

これは、まるで深読み合戦を勝手に盛り上げ、視聴者を煽るメディアの存在を皮肉にも見えた。これこそまさに藪蛇のような深読みではあるが、なかなか痛快でもある。

 

***

当初別府君と、家森さんが下の名前で呼んでいたり、すずめ(folder5)が資格の勉強に没頭し、徹夜をするという姿などから、時間の流れや、カルテットの環境の変化を感じさせ、特別ゲストである松本まりかによる「椅子取りゲームに負けたにも関わらず椅子に座り続けている」というなんとも夢を見ている人を痛烈に批判する姿はなんとも言えない気持ちになるが、マキマキはそれとは全く別で、趣味としての音楽を受け入れるのではなく、夢を共に目指そうと導く。しかも、自分のスキャンダルをダシにしても。

ただ、この4人にとっては、それ(ドーナツのように穴がある)こそが、魅力ではあるわけで、その人としてのダメなところを武器にしてしまうというところは、見ていて清々しい気持ちに。

 

***

「死と乙女」と「内緒」というちょっと微妙な件については、視聴者に判断を委ねた感じだろうか。個人的には正直どっちでもいい感じけどもw

 

***

悪女として登場していたアリスが最後に、金持ちと付き合い(婚約?)、人生チョロかったと吐き捨てる姿。目が笑ってないようなその表情はキャラとしては一貫性があってよかった。ただ、のくた庵の夫婦は、等身大で、それはそれで十分幸せそうであり、幸せの対比を感じた。

 

***

唐揚げの件は、おまけ程度に。そして、思い出したかのように、マキマキの声が小さいという設定も復活したんだけど、それはさすがに違和感が。

サンキューパセリ。

 

***

 

四角関係的な恋愛の要素もあるかと思ったが、振り返ると、そういう傾向はほぼなかったような。その辺は最後まで結論が出ず。おそらく誰もあまり期待していないような気もするけども。

 

***

終わってみると、まぁ楽しめたかなって感じのドラマ。

 

比較的リアルタイムで見ていたので、深読み合戦というのを見ていたけども、正直違和感しかなかった。とはいえ、

逃げ恥の恋ダンスにしろ、カルテットの深読みにしろ、ブームというものは、周りが勝手に無責任に作りあげていくものであり、自分自身は当事者ではなく大衆側にいつでもなりうるとは思った次第。

 

 

カルテット Blu-ray BOX

カルテット Blu-ray BOX

 

 

やっぱりこちらの方の考察・感想はとてもおもしろい。

 

hiko1985.hatenablog.com

 

また見返したいと思える。そういう魅力がある。

【ガキの使い】2017年3月19日 お笑いファンには少し嬉しい回

ガキ使

『50代芸人大集合!あっちむいてホイホイホイ!』

ということで、50代芸人が5人集まったわけだけども、

ダウンタウン、ヒロミはまぁ普通として、ホンジャマカの恵、ダチョウ倶楽部の肥後

も出てた。まぁこの二人もテレビに出ているということでいうと、当たり前なんだけども、ダウンタウンと共演という意味では珍しい感じ。

 

***

進行は、ココリコ、方正になるわけなんだけども、10代のためにそれら芸人の紹介からはじまった。で、それだけで今回は終わってしまい、あっち向いてホイは一切やらずに、次週持ち越しというガキ使だからこその展開に。で、その芸人紹介のフェーズというのがけっこう昔話が多くて、お笑い好きの人はちょっと嬉しかったんじゃないかなぁと。ただ、実際有名どころの話も多かったりするわけなんだけども。そういう意味ではお笑いフリークな人は、退屈だったかもしれない。

***

ただ、やっぱり、恵・肥後はちょっと見劣りしてしまう感じかなぁと。

恵が、 元々は下品ネタが多かったと言うクダリにて、まっちゃんが、ひるおびにかけて、"よるおびだった"とふったが、恵気付かず。ココリコが"ひるおびじゃなくて"とフォローいれてはじめて気づく感じ。

 

肥後さんはまぁいじられてもうまく返しきれてない感じ。まぁそもそも強く言い返すタイプではないから、さすがにダウンタウン・ヒロミ相手だとしんどいわね。

 

***

 

ちょっと興味深い話も。

B21スペシャルと、ダウンタウンが番組をやっていたという話。

「全員出席!笑うんだってば」という番組だそうで、視聴率が悪くすぐに終わってしまったそうだけども。

全員出席!笑うんだってば - Wikipedia

その番組では、「SET隊」 (せったい)というのがいたらしい。

そのSET隊というのは、岸谷五朗寺脇康文等で結成されていたらしい。

その面々の若い頃の映像が流れたので、ちょっと良い物見た気分に。

 

***

 

とりあえず、来週こそ、ホイホイホイということで、おそらく浜ちゃんがど天然を発揮しそうな感じではあるけども、楽しみにしたいところ。

 

 

【A LIFE】最終回 医療ドラマというかヒューマンドラマだったという話。

A LIFE

医療ドラマというのは、そもそもそういったものなのかもしれないが。

 

www.tbs.co.jp

 

www.instagram.com

 

ある意味浅野忠信が主役とも言えるドラマだった気がする。

 

***

とりあえず最終回ということで、綺麗に終わった感じ。

ハッピーエンドかなと。

 

総合的に見て、あまりキムタクが目立ってないドラマだった気がする。

腕に良いからと言って意見を押し通すような事もそこまでなかった気がする。

そういう展開があったような気がするけども、実際のところは外部要因が多く、沖田(キムタク)本人の責任というものが非常に小さいので、なんというか、とりあえずややこしい手術をよくやってましたというくらい。

 

***

浅野忠信は、なんか改心したのかしてないのか、わからない含みをもたせてるような表情だったように思える。最終的には院長として、病院を任され、小児科は看板であるという発言もあったけども、それが本心から言ってるかどうかわからない感じはあった。

 

あと、改心前に酒を飲み堕落した生活を過ごしていながら、いきなり手術登場して難易度の高い手術をやっちゃうというのは、さすがにスキルが高いからというので説明がつかない気もするが、まぁその辺はドラマだからというところかもしれない。

 

***

菜々緒父親に会いに行くという謎の展開は正直蛇足に思えた。

元気そうな父親の姿を見て涙するとかさすがにちょっと意味分からない感じでござったなぁ。

 

***

展開として、沖田(キムタク)と深冬(竹内結子)がくっつくのではないかと思ったりもしたけども、そりゃ子供もおるし、まぁ壮大と安定の着地を。あの和解ような互いの懺悔のような涙の握手はまぁドラマ最大の場面な気がする。

 

***

【仮面ライダーエグゼイド】23話 社長のゲームオーバーによる前半終了

エグゼイド

良い感じでキャラが崩壊していったのに、残念である。

www.tv-asahi.co.jp

 

もうどんどん暴走していく社長がある意味注目ポイントであったエグゼイドであるが、

ゲームオーバーしてしまった。当分は登場がないと思うと残念であるし、すっかり神(自称)キャラクターとして定着してしまった社長を失うのはある意味レーザーよりも喪失感が大きい。

 

***

とりあえずレベル99はデカすぎる。リプログラミングというのは、まぁなんとなく、じわるというか、まぁそれは良いとして、最大レベルとして99が出てしまった以上その先のパワーアップは期待出来ないとなると、それは寂しい。まだ折り返し地点の段階で、さすがにこれ以上のレベルアップがないというのは考えにくいけども。

 

**

レベル50をスナイプとブレイブで共存しているのがどうも苦しい設定な気がする。今回だと、エグゼイドLv99、スナイプLv50、ブレイブLv5というなんとも無茶苦茶なパーティ設定で、Lv10のゾンビを倒すという客観的にレベル設定を考えるとよくわからん展開であるが、そのツッコミ自体はもはや野暮ではある気もする。

 

**

ラスボスは社長ではなくパラドだったのか説

次回予告では、グラファイトが何故か復活しているが、死んでしまったキャラが復活するという設定があるのであれば、レーザーや社長も復活できるのではないかという期待はちょっとある。とはいえ、ポンポン復活されてしまってはそれも白けてしまうが。

 

**

次回はよっしゃラッキーが参戦する。もはやスーパーヒーロータイムに整合性など求めてしまってはいけないというのは歴史が証明しているので、子供のテンションが高まればまぁ良しとしよう。

 

 

仮面ライダーエグゼイド DXマキシマムマイティXガシャット

仮面ライダーエグゼイド DXマキシマムマイティXガシャット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【宇宙戦隊キュウレンジャー】6話 チームがちょっとまとまる話

キュウレンジャー

最終的にはリーダーはいらないという結論。

www.tv-asahi.co.jp

 

**

いわゆる、あるある展開ではあるが、チームも全員そろったというところで

リーダーどうする?みたいな話になり、司令官が、次一番活躍した人間をリーダーにするということで、それを意識しまくって、うまく連携できずに、うだうだになる。

さらに、ペガさんという大阪弁のおっさんのようなキャラというかトラブルメーカー的なマイペースキャラが登場したことにより、ポジティブシンキングなラッキー(駿台)がいつも通りの軽いノリができないという話。

 

 

**

最終的には、ラッキー(駿台)は運だけじゃなくて、ちゃんと努力してるんだよってのを影から見て、不満たまってたハミィ(忍者)が納得するという話。つーか、ハミィは忍者だったんですねというさらっとしたカミングアウトがある意味衝撃的なところではあったわけだけども。

 

**

チームをひとまとめにするために、ダンスレッスンをするという話だが、まぁそれはいいとしてエンディングテーマのダンスが課題になるが、それを使って敵を倒すというベスト・キッド的な展開には、私ついていくので精一杯であったというのが正直なところである。

 

**

サソリオレンジがあまりに出番が無いので、ちょっと出番用意しておくか的な展開があったけども、敵を自ら煽っておきながら、その敵から逃亡してしまうような流れではさすがにかわいそうな気もする。

 

**

来週は映画公開も相まって、エグゼイドが登場。それよりもメインがバランスということで、それはそれで楽しみではある。

 

 

【カルテット】9話 人生やり直しスイッチを押さないという話

カルテット

来週最終回ということで。

www.tbs.co.jp

 

先週ラストの急カーブ的展開の続き。マキマキさんが誰なんだというところについての真相がちょっと明らかに。家庭内事情というか、環境から逃げるために、戸籍を購入して、別人になりすまし、たまたま今までバレずにこれたと。

 

ただ、マキマキさんは、過去の境遇からの事情で戸籍を購入したというわけだけども、

では実際に誰のかというと、これは誰でもないというところ。メンバーと過去つながりがあったわけでもないし、そういう人だったというだけのはなしであり、最後の嘘としてはコレが残ってたというだけの話ではある。

 

***

もたいまさこ良かったね。今まではコメディ担当みたいな感じで、ちょっと変な扱いだった気もするけども、クドカンとのやりとりでは、ちょっと胸がつまるような演技というのを見せていただいた感じ。とはいえ、登場シーンが多かったわけではないけども。

クドカンにしても、もたいまさこにしても、すっかりマキマキサイドに。

 

***

マキマキさんによる告白に対して、今まで出てきたトークを引っ張り出して、すずめさんがマキマキさんを話しかけるシーン。3話か4話かでマキマキさんが、すずめさんの過去の話を受けて話しかけてくれたアンサーな気もするんだけども、ちょっと畳み掛けすぎた感じが。

 

***

人生やり直しスイッチというくだりがある。

家森がそういう話をするわけだけども、もう押さないと。

それはカルテットドーナツホールの面々と出会えたから。

 

こう考えると、これら4人は、人生やり直しスイッチを押した人達の集まりだったかもしれない。別府君は違うか。いや、どうやろ。なんか感じのいい女の子みたいなんはおったけど。未遂な気がする。このドラマの前半は、マキマキさん以外の

人生やり直しスイットをもう押さない決意をさせるためのストーリーであり、中盤から出てくるクドカンもそういう話な気がする。

 

過去は重要ではなく、前に進むべし的なことを、すずめさんが言ってけども、全体通しての、こういったメッセージが本質なのかもしれないと思えた。

 

***

 

最終回は1年後ということで。

ドラクエ風の予告はどうしてもヨシヒコをリンクしてしまう。。

 

そもそも別荘は残るのかどうかやら。