なんとなく「孫正義2.0 新社長学」を読んでみた。

IoTという言葉につられてしまったが、IoTの具体的な所は、少し少なかった感。

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

 

社長室長をつとめた嶋聡氏による孫正義に関するエピソードが中心。

Vodafone買収などそのあたりの話から、アリババの話、後継者と言われたアローラの話など。

面白いエピソードや考え方については興味深い話がちらほら。

 

引き算方式

まず、度々出てくるのが、「引き算方式」。経営としてのビジョン、長期計画を考えるにあたって、孫正義氏は「引き算方式」で行うそうだ。引き算とは、「未来のビジョン」-「現状」=すべきこと。と考える。それに対して逆に「足し算」は積み上げ方式である。まずは「現状と課題の分析」になる。引き算の場合は、目標・ビジョンが先にくる。ソフトバンクの場合であれば、「docomoを超える」、「世界一位になる」というところで、Vodafone買収になったり、アームやスプリットの買収につながる。ただ、それらの買収は容易ではなく、それを実現する上で意識している点が他にもある。

 

成功率7割になるまで考え抜く

5割に愚か。9割では遅い。7割が予見できれば投資すべき。という話。

ソフトバングについては、無謀な挑戦が多いと思われがちかもしれないが、Vodafone買収に関しても、この7割というのが考慮されている。また、リスク管理もしっかりと検討され、仮に失敗したとしても母体に損害が大きくならないように対策する。

それは「プリペア・フォア・ザ・ワースト」、最悪のケースに備えろということで、

Vodafone買収時おいても、2000億のリスクで、2兆の買収を行っている。

2000億でソフトバンクモバイルという100%子会社を用意し、その子会社が、Vodafoneの株を取得させる。ソフトバングモバイルが仮に倒産したとしても、ソフトバング本体は2000億を払う必要な怪我は負わないということ。

 

自分より優れた側近から次々と吸収する。

これは注意しなければならない。ついぬるま湯になってしまう。

before11.hatenablog.com

ちょっと最近話題になった記事だけど、

「コンフォートゾーンからものを言うな」

という話があった。興味深い。

結局のところ、心地よさからぬるま湯につかってしまい、気づけば裸の王様になりかねない。優秀な人間と接することは勇気がいる。ただ、それは成長、自分のものにしていく、組織のパワーアップと考えるか、お山の大将であるか。

 

不言実行より有言実行

まだまだあるが、もうこの辺で。

日本では影の努力というものが美化されがちである。見えない所での努力。もちろん結果の伴ってない状態での努力というのは、ひけらかすものではないかもしれない。

ただし、その見えない努力というのは、ある種逃げでもある。仮に成功できなかったとして、誰にも知られずに済むから、周りにバレることもないだろう。ただ、それでは本当の力がそもそも出せないのではないかと。逃げ道のあるような状態ではなく、有言を行うことで、自分を追い込む。そして追い込まれてこそ本当の力が出ると考えるべきだろうと。

 

 

その他、柳井社長の、「買えないリスクを考えるべき」や、「先見力を磨く」といった話など。興味深い話は多かった。

 

とりあえず生活にIoTがどんどん取り入れられることは自明だろうが、

www.nikkei.com

その中でソフトバングがどのように関わってくるのか、見てみたい気はする。

 

 

 

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

 

 

【相棒 -劇場版IV】は、とりあえずシリーズ最高でしたなぁと。

相棒 -劇場版IVを見ましたよと

www.aibou-movie.jp

 

サブタイトルは

「首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」

毎度毎度引きが強すぎるキャッピコピーであるが、

ストーリーとしては問題ない感じ。毎回この引きの強すぎるコピーに合わせるためにストーリーを無理やりねじこんでるような展開が多かった。

 

不必要な説明ゼリフも多くなく、適度に必要なキャラクターが必要に応じて登場し展開。話の流れも違和感なく、今までの劇場版のように、道のない場所を無理やり急カーブ展開していくようなストーリではなかった。2時間スペシャルのようなしっかりとした脚本に対して、劇場版のためのインパクトがうまく重なった感じ。

 

なお過去劇場版は

「絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」

「警視庁占拠!特命係の一番長い夜」

「巨大密室!_特命係_絶海の孤島へ」

とどれも煽りまくってる。劇場版1は、マラソンだったが、そのマラソンで話を展開する理由が特になし。なんでマラソン?と思ってまう。あと犯人のフリがわかり易すぎて、そこカメラよったら誰もが犯人わかっちゃよね的な親切すぎるカメラワークに残念な思いも。しかも、劇場版一回目ということで、過去の出演者などをモブレベルで出しまくり、時間を消費してしまうと、ファンのためだが、ファンのためならいつものようなしっかりとした脚本を期待したかった。劇場版2に至っては、警視庁占拠の話は早々に終わってしまい、あとはいつもどおり解決していくという流れ。2時間スペシャルで十分な引用。神戸尊ラストの話のほうが、骨太なお話。劇場版3については、もう孤島らしさ0だったし、思想が強すぎたし、その

思想のために無理やりストーリーを展開していくような流れで、ちょっとぐったり。

 

劇場版IVについてももちろん不満がある。ピルイーターが完全モブ。出る意味がなかったのではないかと。このファミリー感出してきて、準レギュラーを出すのはどうなんだろうね。六角精児さんも及川光博さんもね。どうせ出すならもうちょっと活躍してもいいんじゃないかなぁと思ったり。客引きパンダ感が否めない。これが劇場版の毎度毎度の問題点と思うが。

 

とりあえず反町相棒いいよね

 

あとは江守徹の衝撃たるや。全然わからんかったわ。

 

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]

 

 

 

 

【ガキの使い】二皮むけた亀田大毅の今後に注目したい。【サンシャイン斉藤GP】

今回は神回じゃなかろうか。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

f:id:kitano_ow2:20170301003421p:plain

 

二匹目のサンシャイン斎藤グランプリ

なんだかんだで、ほぼ完璧にこなしたJOYが優勝したわけだけど、

それはまぁいいとして、その他の出演者がとにかく面白かった。(遠藤以外

 

その中でも圧倒的に面白かったのが、亀田大毅

もっとこのネタは注目されるべきやわ。絶対。

 

この全ての反則の生みの親!

と言わせるスタッフと、言った亀田大毅と。

 

どうしても「亀田」という印象は悪い印象がつきまとう部分もあるんだけど、

今回の件で、全てひっくりかえしたレベル。

 

頭突き、投げ飛ばし、金的

この全ての反則の生みの親!

とか、

弁慶ファッション、試合後のT-BOLAN

あの日本一くだらないボクサーを決める大会

とか、

もう一度、言います。7110(クレジットカードの暗証番号)

内藤って覚えてください!

とか。

 

もう言葉のチョイスが最高すぎる。

 

これシリーズになるんちゃうか。

 

 

ちなみに、件名の「二皮むけた」というのは、このネタを見た松ちゃんが

亀田大樹にかけた言葉。

 

こういうネタはまた見たいと思った。

なかなかフリートークは難しいかもしれないけど、ネタにして

徐々に過去のこととか水に流していけたら、面白いんじゃないかなぁと。

 

 

【R-1 2017】ネタを飛ばしたブルゾンちえみが視聴者投票1位になっちゃった問題と、アキラ100%の大道芸のようなネタについての是非

アキラ100%が優勝しました!

 

まずは反省会から。

kitano-ow2.hatenablog.com

 

Aブロック・・・復活ステージ3位(正直ここに上がってる人はどれも微妙や)

Bブロック・・・ルシファー吉岡、次点ゆりやん

Cブロック・・・アキラ100%、次点マツモトクラブ

と予想してたので、2勝1敗ということで。。

Bブロックは全くの予想外という展開。石出奈々子さんが勝ち上がり。

 

ルシファー面白かったけどね!

 

ブルゾンちえみ、ネタ飛ばすが、視聴者投票で1位

with Bがいない状態で、いつも通りのネタを披露したわけだけど、

途中完全にネタが飛んだっぽい。見てるこっちとしてもやばいんちゃうかと。

 

2年目いきなり売れっ子で、あれよあれよの大舞台ということで、さすがにキャラと違って緊張もしてたのか。

 

ネタを飛ばしてしまった事自体はともかくとして、Cブロックでまさかの視聴者投票で1位に。さすがにこれは誰もが苦笑するレベル。

 

まさに視聴者投票の無意味さを証明した。

正直全く理解できない。ちょっと知ってる人が出てるから投票するというのだろうか。

それともファンだから投票したのだろうか。テレビにすでに出ている人はもちろんファンが多いだろうが。

 

そういう意味では、ゆりやんも、横澤夏子もウケ以上の視聴者票が入ってた印象。

横澤夏子なんて、だだスベリやろ。

 

 

アキラ100%はお笑いネタというよりも大道芸。

どれだけ、お盆を落とさないか。みたいな。

正直期待していただけに少し残念。

 

見飽きられてるかもしれないが、丸腰デカといったコントで勝負してほしかった印象がある。この大道芸もアキラ100%の知名度だからこそ出来たものだろう。

 

知名度がない芸人がやったとしても、はぁ?って感じだろうしね。

 

ただこうなってくると、「面白い」ではなく単純に「スゴい」というわけが評価される。それは、単純なインパクト勝負のようなもので、純粋にピン芸人としてテクニックを上げたり、笑いを追求しているような人達からすると、

なかなか納得し難いものがあるのではないかと。

 

 

R-1グランプリそれ自体が壮大なコント

最近そう思う。

R-1ブランプリという大舞台で、裸芸を披露し優勝してしまうというコント

R-1ブランプリという大舞台で、アングラ芸人(ザコシね)が無茶苦茶なネタをしてしまう優勝してしまうというコント

 

 

ストイックに芸を追求している人達に光が浴びるような形になっていってほしいなぁと。

 

 

おいでやす小田とルフィファー吉岡

が個人的には面白かった。2人とも完全な話芸。

効果音なども無し。小道具も最低限。というか無い。

 

こういったスタンダードでシンプルで面白いネタの芸人が優勝してしまうと、

大会としてはインパクトが小さいかもしれない。

 

 

実際に、過去の優勝者でも、やまもとまさみあべこうじ中山功太など

その後そこまで目立った活躍をしているというわけでもない。

 

今回のブルゾンちえみや、横澤夏子のようなパンダ枠は仕方ないにしろ、

ちゃんとしたネタが評価されるような大会になってほしいなぁと思う。

 

こういう色モロ(失礼)は、フリートーク中心の現在のバラエティでは扱いにくいし、

そうなってくると、R-1で優勝したけどテレビで活躍していないとなり、

R-1の大会の優勝の価値というものもそれはそれで薄れてしまう気がする。

 

 

R-1 2017を勝手に予想

今日はR-1ですね!

R-1ぐらんぷり2017公式サイト

 

敗者復活で誰が上がってくるのか全くわからないので、予想しようもないんですけども。

 

とりあえず

3ブロック制

各ブロックに、敗者復活が一人ずつ上がってくる(復活ステージの1位〜3位)

 

とりあえずブルゾンちえみは、パンダ枠だろうて。

with B無しでどうするんやろか。with B無しなら、ただのあるあるネタなので、

ゆりやんとカブりすぎな気がするけども。

 

 

個人的に勝ち上がって欲しい人

http://www.r-1gp.com/img/topslide/2017main_tournament.jpg

 

Aブロック・・・復活ステージ3位(正直ここに上がってる人はどれも微妙や)

Bブロック・・・ルシファー吉岡、次点ゆりやん

Cブロック・・・アキラ100%、次点マツモトクラブ

 

つーか、ヒューマン中村あかんかったんやね。

 

Bブロックは、ゆりやんかなぁ。

 

お客受けが良さそうで、勝ち上がりそうな人

Aブロック・・・横澤夏子

Bブロック・・・ゆりやん

Cブロック・・・ブルゾン

 

三浦マイルドだけは、もう振り返ったらアカン。

嫌いじゃないけど、見た目って大事ねって話になっちゃう!

丸投げの無責任さに疲弊する

ただの愚痴である。

 

仕事をしていると丸投げという行為をうけることがある。

指示する側が、なにも考えずにそのまま全部を丸投げ。

 

こちら側の依頼に対しては、特に何もアクションをせず。

ただ、全部丸投げしてくるのである。

 

なぜそもそも丸投げをするのか。それはその人間の無責任さに由来する部分があるのではないかと。

 

そもそも内容を理解出来る能力がない。

スキルの問題である。ただし学習するつもりはない。

単純なスキル不足なので、内容を整理することもできない。確かに全く無知な人間が間に入ってごちゃごちゃされる方がうっとおしいケースもある。だったらそもそも最初から入ってくんなという話である。

 

責任をとりたくない。

トラブル等で問題が発生した場合の責任の所在を全てこちら側に向けるためとも言える。なんとも無責任な話である。呆れてやりとりするだけで体力を消耗する。

その割に関連事項は最優先なテイで依頼してくる。馬鹿馬鹿しい話である。

 

そういった人間の"ありがとうございます"ほど、心に響かぬものはない。

 

 

拡張が可能な仕事かどうか

ありきたりだが、自分がおらずとも回る仕組みが必要であるということか。

 

 

拡張可能か不可能か。

例えば、時給による労働だった場合、時間が有限である以上は、

不可能と言うべきだろう。

 

では、拡張が可能な労働とはどういったものか。

 

一つに自分の手を動かさないというのがあると考えられる。

 

もちろん元手の資金が必要な部分もあるわけだが、時給の話と同様で、

自分が手を動かして作業ができるという時間というのは有限である。

 

そのため、自分自身が直接的に手を動かしている時間を減らし、

外部などに展開をするなどしていかなければ、拡張というのは難しい。

 

ただ、たとえば単純に当方のように開発業務を外注するというものであれば、それはそれで限界もある。まずリスクが高いし、そのマネージメントも必要になる。そもそも受注マターであり、継続的に拡大していく可能性があるわけではない。

 

とはいえ、自社のサービスを展開していくというのは容易ではないが、スキルにおいては実現が可能ではある。そういった意味では収入源を複数にするということ自体は資産を拡大する上での、拡張ではある。

 

勤め人ではない自分自身の能力から一体何が収入に展開できるか改めて見つめ直し、出来ない事についても理解をしていく事も時には大切ではあるなぁと。

 

出来ないことに予算を投じることで、より大きな展開が可能なのであれば、それは実行すべきことでもある。そういった検討・考える時間というのがそもそもとれていないのが現時点での悩みというか、根本的な課題な気がする。