なんとなく「孫正義2.0 新社長学」を読んでみた。

IoTという言葉につられてしまったが、IoTの具体的な所は、少し少なかった感。

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

 

社長室長をつとめた嶋聡氏による孫正義に関するエピソードが中心。

Vodafone買収などそのあたりの話から、アリババの話、後継者と言われたアローラの話など。

面白いエピソードや考え方については興味深い話がちらほら。

 

引き算方式

まず、度々出てくるのが、「引き算方式」。経営としてのビジョン、長期計画を考えるにあたって、孫正義氏は「引き算方式」で行うそうだ。引き算とは、「未来のビジョン」-「現状」=すべきこと。と考える。それに対して逆に「足し算」は積み上げ方式である。まずは「現状と課題の分析」になる。引き算の場合は、目標・ビジョンが先にくる。ソフトバンクの場合であれば、「docomoを超える」、「世界一位になる」というところで、Vodafone買収になったり、アームやスプリットの買収につながる。ただ、それらの買収は容易ではなく、それを実現する上で意識している点が他にもある。

 

成功率7割になるまで考え抜く

5割に愚か。9割では遅い。7割が予見できれば投資すべき。という話。

ソフトバングについては、無謀な挑戦が多いと思われがちかもしれないが、Vodafone買収に関しても、この7割というのが考慮されている。また、リスク管理もしっかりと検討され、仮に失敗したとしても母体に損害が大きくならないように対策する。

それは「プリペア・フォア・ザ・ワースト」、最悪のケースに備えろということで、

Vodafone買収時おいても、2000億のリスクで、2兆の買収を行っている。

2000億でソフトバンクモバイルという100%子会社を用意し、その子会社が、Vodafoneの株を取得させる。ソフトバングモバイルが仮に倒産したとしても、ソフトバング本体は2000億を払う必要な怪我は負わないということ。

 

自分より優れた側近から次々と吸収する。

これは注意しなければならない。ついぬるま湯になってしまう。

before11.hatenablog.com

ちょっと最近話題になった記事だけど、

「コンフォートゾーンからものを言うな」

という話があった。興味深い。

結局のところ、心地よさからぬるま湯につかってしまい、気づけば裸の王様になりかねない。優秀な人間と接することは勇気がいる。ただ、それは成長、自分のものにしていく、組織のパワーアップと考えるか、お山の大将であるか。

 

不言実行より有言実行

まだまだあるが、もうこの辺で。

日本では影の努力というものが美化されがちである。見えない所での努力。もちろん結果の伴ってない状態での努力というのは、ひけらかすものではないかもしれない。

ただし、その見えない努力というのは、ある種逃げでもある。仮に成功できなかったとして、誰にも知られずに済むから、周りにバレることもないだろう。ただ、それでは本当の力がそもそも出せないのではないかと。逃げ道のあるような状態ではなく、有言を行うことで、自分を追い込む。そして追い込まれてこそ本当の力が出ると考えるべきだろうと。

 

 

その他、柳井社長の、「買えないリスクを考えるべき」や、「先見力を磨く」といった話など。興味深い話は多かった。

 

とりあえず生活にIoTがどんどん取り入れられることは自明だろうが、

www.nikkei.com

その中でソフトバングがどのように関わってくるのか、見てみたい気はする。

 

 

 

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

孫正義2.0新社長学 IoT時代の新リーダーになる7つの心得

 

 

丸投げの無責任さに疲弊する

ただの愚痴である。

 

仕事をしていると丸投げという行為をうけることがある。

指示する側が、なにも考えずにそのまま全部を丸投げ。

 

こちら側の依頼に対しては、特に何もアクションをせず。

ただ、全部丸投げしてくるのである。

 

なぜそもそも丸投げをするのか。それはその人間の無責任さに由来する部分があるのではないかと。

 

そもそも内容を理解出来る能力がない。

スキルの問題である。ただし学習するつもりはない。

単純なスキル不足なので、内容を整理することもできない。確かに全く無知な人間が間に入ってごちゃごちゃされる方がうっとおしいケースもある。だったらそもそも最初から入ってくんなという話である。

 

責任をとりたくない。

トラブル等で問題が発生した場合の責任の所在を全てこちら側に向けるためとも言える。なんとも無責任な話である。呆れてやりとりするだけで体力を消耗する。

その割に関連事項は最優先なテイで依頼してくる。馬鹿馬鹿しい話である。

 

そういった人間の"ありがとうございます"ほど、心に響かぬものはない。

 

 

拡張が可能な仕事かどうか

ありきたりだが、自分がおらずとも回る仕組みが必要であるということか。

 

 

拡張可能か不可能か。

例えば、時給による労働だった場合、時間が有限である以上は、

不可能と言うべきだろう。

 

では、拡張が可能な労働とはどういったものか。

 

一つに自分の手を動かさないというのがあると考えられる。

 

もちろん元手の資金が必要な部分もあるわけだが、時給の話と同様で、

自分が手を動かして作業ができるという時間というのは有限である。

 

そのため、自分自身が直接的に手を動かしている時間を減らし、

外部などに展開をするなどしていかなければ、拡張というのは難しい。

 

ただ、たとえば単純に当方のように開発業務を外注するというものであれば、それはそれで限界もある。まずリスクが高いし、そのマネージメントも必要になる。そもそも受注マターであり、継続的に拡大していく可能性があるわけではない。

 

とはいえ、自社のサービスを展開していくというのは容易ではないが、スキルにおいては実現が可能ではある。そういった意味では収入源を複数にするということ自体は資産を拡大する上での、拡張ではある。

 

勤め人ではない自分自身の能力から一体何が収入に展開できるか改めて見つめ直し、出来ない事についても理解をしていく事も時には大切ではあるなぁと。

 

出来ないことに予算を投じることで、より大きな展開が可能なのであれば、それは実行すべきことでもある。そういった検討・考える時間というのがそもそもとれていないのが現時点での悩みというか、根本的な課題な気がする。

 

MacBook Air (11-inch, Mid 2011)のバッテリー交換

バッテリーが気づいたらパンパンだったでござる。

 

f:id:kitano_ow2:20170207014153p:plain

 

f:id:kitano_ow2:20170207014204p:plain

 

取り出した図。

 

 

とりあえず他の事例を探す。

namakeru.com

 

ありがたやたです。とはいえ、自己責任で。

 

 

今回買ったもの。

まずはバッテリー

とりあえず今のところは問題なく使えてます。

 

ただ、MacBook Air自体の裏面を開ける必要があったわけだけど、

このバッテリー付属のドライバーはすぐ欠けてしまい、使えなかった。

 

これはドライバーが悪いというより、このMacBookAirのネジがいくつか完全にダメになってたっぽい。

 

で、とりあえず、パソコン修理屋さんに依頼して、背面だけでも明けてもらうことに。

 

さらに、バッテリー自体をを外し、交換するために、ドライバーセットを

結局購入。

 

 

 

いろいろなケースのドライバーが用意されてて、けっこう良い感じ。

他でも使えそうで、買ってよかったかなと。

 

 

 

 

 

キンコン西野氏の「お金奴隷解放宣言」と、JASRACの徴収と、大阪市のボランティアプログラミング教育と、NAVERまとめと。

単純にJASRACが嫌いなだけ説。

 

www.asahi.com

 

ボヤになっとる。

 

個人的には特におかしいとは思ってない。

というのがスタンスではあるけども。

とりあえず、まず今回のボヤの原因を。

 

ヤマハ河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。

とのこと。

年間10-20億ほどだから、当然売り上げにも影響するだろうし、反発しているんだけども、当事者が反発するのはまぁわかる。

 

JASRACの言い分としては、教室の生徒というのは、不特定の「公衆」とみなし、

その「演奏権」が及ぶとのこと。

著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。

 

まぁJASRACカスラックと揶揄されるほどだし、まぁ炎上するかなぁって思ったけども、ブコメを見てるとよくわからなかった。

 

そもそもJASRACが徴収するのは、作詞者・作曲家のためであり、徴収したものはその権利者へ分配がされるはず。

 

なので、いたってまっとうな行為のようにも見えるが、

あまりスマートな対応とは思えない部分もある。

1) 今まで放置してたのに、収入減ってきたから徴収という流れ。

→今まで放置してのにも関わらず、収入減が理由で適用範囲が変わるのであれば、今後どんどん適用範囲が拡大していくのではないかという不安を与えることにもなる。

2) 2.5%という額

→年間億の支出は大きなダメージになることもある。それで、企業の経営を逼迫するようなこちになっては元も子もない。JASRAC、音楽教室ともにどこかで落とし所をつけるべき。

 

 

まさにこんな感じならまだわかる。

 

反論する人間もおそらくそういったものかと思ったが、実際は

 

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル

「法律的には正しい」と擁護している人がいるけど、それは「徴収してもいい」というだけで「音楽文化振興のために徴収しない」という選択肢もあるのにそれを選ばなかったから批判されている。

2017/02/02 08:51

b.hatena.ne.jp

 

はぁ?

文化復興のためなら、作った人間の権利など無視しろというのか。

その人達が得られる正当な報酬も不要ということか。

全く理解できない。

 

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル

自分で音楽を演奏する人はその後も聞き手として音楽にお金を払ってくれる優良顧客になる可能性が高いのに。取れるところからなんでも取るという姿勢で音楽文化振興になるのかしら?

2017/02/02 07:46

b.hatena.ne.jp

 

だから目をつぶれってことかな。クリエイターが泣きを見る世界やな。

 

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル

これから作曲家が生まれるであろう源泉 から搾取するとか、JASRACのビジネスモデルそのものが成り立たなくなっている証拠ではないか。

2017/02/02 21:46

b.hatena.ne.jp

 

今作曲している人、過去作曲した人はどうでもいいのか?

 

文化・教育のためなら、タダでやれ。

ということか。権利を主張するなと。

とまぁこんな話で、ふと思い出したのが、

大阪市のプログラミング教育を無償でやってくれる人募集してたやつ。

 

b.hatena.ne.jp

元ページ消えとるわ。

 

 

megalodon.jp

 

当然燃えたわけだけど。

今回のJASRACも教育的視点で批判し、大阪市の問題を批判している人間がいたら

違いが知りたいもんですわなぁと。

 

ただし、著名なクリエイターがフリーミアムするのはダメ

という話もまた思い出した。

lineblog.me

 

これもまた燃えた。

 

燃えた理由に、

クリエイターに金が入らんくなるだろというものもあった。

ほんと意味がわからない。

 

西野氏がフリーで公開したから、あなたもフリーで公開してね

って言うやつがいたらそれはただの阿呆や。

 

NAVERまとめからお金を徴収するというのは、あり。

もうリンク探すのめんどくせー。

 

NAVERまとめなど、まとめサイト系の無断転載問題があるわけだけど。

とりあえず、勝手に画像使ったら、その作成者というか賠償しろ、

権利者にペイしろ的な。そんな話。まとめサイト嫌われてるもんね。

 

JASRACの話もこれに近いんじゃないかなぁと思ったりする。

音楽は文化的価値があり、画像・写真には文化的価値がないとか

そんなこと思わないし、作った人間に正当なペイは支払われるべき。

 

 

ただJASRACは、組織であり、その組織としての動きが下手なときがある。

まぁそういうので嫌われるんかねぇ。

 

気に入らないやつを叩きたいだけ。

そのために、著作権とか文化とかクリエイターが育たないとか

それっぽい反論しづらいような倫理的な高尚のような、正論を振り回してる。

 

私も含めてですけど。

 

まぁさすがに、JASRACもdisって、大阪市もdisって、西野氏もdisって、NAVERまとめもdisってる人なんていないだろうけども。

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?を改めて読んでみた

以前はいつ読んだのか覚えてないがなんとなく

読んでみたくなり。

 

 

とにかく読みにくいし、4ドアの理由書かれてないし。

以前読んだときは独立前だったと思うので、会計の単語の意味とか理解していない部分もあったため、難しく思えたのかと思ってたが、そうではなかった。

 

単純にこの本が読みにくいだけだった。

いや、読みやすいと感じる人もいるかもしれないが、とにかく口語がひどい。

 

いくつかのケースに合わせて関連する会計の仕組みなどを紹介するわけだが、

全然まとまってないので、入ってこない。

 

そして、タイトルにもなってる4ドアについては、説明がない。

ベンツに関しても実際の所、あまり説明がない。。国産ではなくという意味で。

 

ベンツを通して本書で説明したかったこと。

おそらくだが、以下の3点だろう。

減価償却

・耐用年数

・経費計上

というところか。

 

減価償却と耐用年数については関連しているが、

要は社用車として経費で車を買うが、

ベンツを選択する = 見栄

という論理で本書は進んでいるので、そういう見栄という視点で考えると、

本来であれば2ドアが好まれる可能性も高いと考えられる(という前提だと思うが、そういう細かい話が一切ない)

 

ただ、スポーツカーのような2ドアでは事業用としては考えにくく、

経費として認められない可能性が高い。

そのため、4ドア。

 

また1年以上使用でき、10万円以上のものについては、一回での経費として処理できず、何年かに分かれて、経費として処理する。

その「何年」かというのが、耐用年数というわけで、

乗用車新品だと6年、ただし中古だと、その6年が下るため、

経費として扱いやすい。

 

まぁそんなところかなぁと。

 

 

その他諸々いくつかエピソードがあったが、とにかく読みにくいかった。。

 

 

 

【再起動 リブート】起業するなら一度は読んでおきたい一冊

実名ばんばん出てるけど、大丈夫なんやろか。 

 

再起動 リブート―――波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語

再起動 リブート―――波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語

 

 

ループスコミュニケーションズ 斉藤 徹さんの自叙伝

一度だけお会いしたことがあるが、おそらく覚えてらっしゃらない気がする。

それくらい一瞬の出会いだったわけだけども、まぁそれはいいとして。

 

起業してからの紆余曲折が赤裸々に書かれている。

場合によっては、関係が悪化した相手の名前・企業名がどんどん実名?で書かれているので、臨場感もあり読みやすいが、しかし大丈夫かなと思ったりも。

 

お会いした際の印象としては少し物腰柔らかな印象もあったけども、

この本の"斉藤徹"さんは、非常に情熱的であり行動的である。

 

新しいことにチャレンジする姿やどれだけ状況が不利になったとしても

諦めない姿というものについては頭が下がる思い。

 

事業として成功・失敗した様子などいくつも語られているが、

やはり特に失敗、いわゆる苦い経験については、ぞっとするような話もあるが、そこからこそ学ぶべきこともあるとも思う。

 

 

借金という麻薬

事業をすすめていくと、扱う金額も大きくなり金銭感覚も変わってくる。

また融資・出資と外部からの資金を調達する際の金額もどんどん変わってくる。

 

場合によっては、日常では考えにくいような額を当然扱い、金銭感覚が麻痺に近い状態になることもあるかもしれない。

 

借金は悪

という絶対的な考え方が日本では特に多い気がするが、

事業を加速するため、または大きなチャンスを逃さないため、どうしてもそこそこまとまったキャッシュが必要なときは、当然融資という選択肢は存在する。

もちろん信用の問題などもあり、誰かれ構わず融資を受けれるわけではないが。

 

そこで、一つ問題なのが、一度融資を受けると、また融資、さらに融資。

事業として赤字だったとしても、とりあえずつなぎの融資

みたいな感覚に陥ることがある。

 

今回のお話でも、実際、売り上げが上がっていたとしても、その返済等のため、

事業が乗り切れないといったお話も(もちろん"人"が影響していることもあったが)

 

ただ、それでも乗り切っていった斉藤徹さんのアイデアや行動力については驚くばかりではあるが。

 

失敗という十字架

「ループスでも失敗したら、斎藤さんはもう二度と浮上できなくなるんですよ」

本の帯にもあるが、

日本はよく、失敗に寛容ではないと言われる。

一度失敗すると、烙印をおされ、次の機会が回ってこない。

再チャレンジが難しいという意味を踏まえての、件の発言ではあろう。

 

確かに、その意図もわかる。

失敗を恐れずにチャレンジすることはとても大切ではあるが、

起業家にとっての失敗とは、±0ではなく、マイナスになるのが常だ。

それもケースによっては大きなマイナス。

例えば、負債などを背負うことになる。

 

さらに、家族がいると、その家族にも影響が及ぶ可能性がある。

そういったことと背中合わせの状況で、前進を続けないといけない。

 

周りがどう思おうが、信じた事業をやり通す精神力、そしてそれを維持させ続けるというのはなかなか容易ではない。

頭ではわかっていたとしても、簡単なことではないだろう。

 

大切なのは、鈍感であること

プロローグとして

起業家にとって、大切なことは「鈍感であること」と学生に語りかけるシーンがある。

 

失敗しても、負債を背負っても。人に裏切られても諦めないというのは

強い精神力というよりも、そもそもそれに対して鈍感であるということが、

ある意味武器なのかもしれない。

 

 

ダイアルQ2時代の話も。

エピソードの一つに過ぎないが、ダイアルQ2時代の話もある。

同じくその時代に活躍した板倉雄一郎氏の自叙伝とほんのすこしリンクするようなしないような。読んでて、ふと思い出した。

 

社長失格

社長失格