読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【M-1】ジャルジャル優勝してほしかったなぁと。中田カウスの得点・中川家礼二のコメントについて。次のM-1への希望も

ジャルジャルなんでネットでの評価悪いんやろなぁ。嫌になるわ。

 

M-1終わりました。

毎年M-1見てた人間としては、今回も気合を入れて見たわけですが。

ジャルジャル優勝してほしかった。

なんやかんやで好きでけっこう見てきたので、ちょっと思い入れはあった。

 

ジャルジャルの初見。

オールザッツ2005の新人トーナメント。

www.youtube.com

(まぁ動画はオールザッツじゃないけど、

この英会話ネタはかなり衝撃で、何回も見たのを覚えてる。

 

ジャルジャル評としてはこちらの記事も面白かった

M-1グランプリ2015見ながら考えてたこと - ←ズイショ→

 

 その他も面白かったしね、まぁどんどん売れていったわけやけど。

 

 

ネット炎上

炎上しすぎやろ。27時間テレビの件やらで。

といっても、まぁネタを見る分にはいつも笑わせてもらってたので

特に気にはならんかったけども。

 

 

M-1初出場

10回目のM-1初出場だったわけで。

個人的に応援していた笑い飯もおったんで、まぁ複雑やったけど、ジャルジャルらしい感じで沸かしてくれたら嬉しいと思っとったら、またややこしい話が。。

 

 

togetter.com

 

これを通したらあかん。

カウス師匠は漫才を守るための点数や。

的な。

要は、ジャルジャルのネタは漫才として認められなかった、漫才を腐しているという話。

で、実際に中田カウスに、本大会唯一の70点代をつけられる。

 

ブラマヨアツアツジャルジャルが出てた時に、

小杉が、

小杉「やらへんかったらエェのにって思うというのは、あの漫才を何も知らへんで観たときに、『こいつらケンカ売っとるのか』って思ったのよ」

ジャルジャルが語る「M-1での漫才への批判」 | 世界は数字で出来ている

 

と評価。

 

個人的にはけっこう面白かったけどね。

 

 

今年のM-1

1本目終えて、最高得点。

NON STYLE 石田が、「完全に漫才師になってた」といったコメントをして救われたと

思ったら。。

 

中川家礼二が「(今回のネタを)付録でそういうのを付けてもらうと、より漫才っぽくなった」とコメントw

 

確かにやっぱり漫才ネタっぽくないと感じたのは事実。

一本の話の流れが(礼二曰く、ネタとしての枠)全くない状態で

ただただ言葉遊びのようなやり取りが続いてたので。

 

そう言われると、笑いさえ取ればいいというわけではないんやなぁと思ったら。

 

 

 

 

トレンディエンジェル優勝

。。。

 

 

いや、勢いやろ

 

 

礼二なんて、94点つけとるで。

まぁ面白かったと思うけども。 

 

というわけで、かなり不完全燃焼のM-1でした。

 

次のM-1に向けて

個人的な希望として。

 

審査員笑い狙いすぎ。

これどうにかならんのかと。

あくまで主役は演者であって、審査員ではないと思うけど、

どうも笑いが欲しいのか、コメントの際に、笑いをとりにいく人が多かった。

(徳井のジャルジャルいじりが特にひどかったw

 

そういう意味では、中川家礼二や、ますだおかだの増田、パンクブーブーの佐藤

あたりは、けっこう真面目にコメントしていた印象。

 

※同じような思いの人もいたので溜飲が下がるw

【M-1グランプリ2015】採点者がボケてんじゃねーよ、という話 - めぐりめぐる。

 

敗者復活の発表のタイミング。

番組的にはギリギリのタイミングが一番盛り上がるかもしれんが、

やっぱり勢い加算されすぎ。

 

今まで通り、ファーストラウンドの2回目あたりに発表して、できる限りフラットな状態で敗者復活枠がネタをするというのが良い。

 

どうやら同じ様に考えてくれてる人もいたみたい。さっきの件もそうだけど、

ちょっとほっとするw

M-1グランプリ2015感想 - 僕が本当に面白いと思うこと

 

 

とまぁだらだら書いたけど、来年もまた楽しみにしてます!

アンタッチャブルが復活してますように!