M-1審査方式への伊集院光の皮肉と、おぎやはぎ9点事件

www.j-cast.com

 

こんな記事が元ソース聞いてないので、忍びないけど。

 

それでみんな『もう、あそこまでウケたんだからトレンディエンジェルでいいよね』っていって、みんな(票を)出すわけじゃん。だったら審査員いらなくない?だったら単に客席審査っていうことでよくない?」

 

という話。

 

まぁ皮肉だろうけども。

 

で、この記事にもあるけど、初回M-1 2001では一般人の審査も行われてた。

 

会場ではなく、確か、札幌・大阪・福岡の3箇所の特設ステージみたいなところで

人を入れて、そこにいる人たちが審査する。

 

別途、選ばれた審査員(紳助や松本人志など)と、その一般人の審査の合算が評価された。

(今思えば、トップバッターで中川家よく勝てたよなぁと。

 

そこで、起こったのが、おぎやはぎ事件。

 

今では、すっかり売れてバラエティでよく拝見するけど、

その当時は全国的にまだまだ無名だったということと、

あと、どうも大阪の一般審査員が吉本以外の笑いをあまり評価しないというような

クソみたいな採点な流れになってた。

 

で、おぎやばぎに対して、大阪人が下した評価は100満点中9点。

松本人志は、「大阪の人は頭おかしい」とコメントw

 

大阪の人間はお笑いフリークぶってるのか、お笑い厳しいぶってるのか。

そんなこんなで、もう一般審査は復活することはなさそう。特にM-1においては。

 

一般審査はやっぱり、微妙ですよねぇ。

 

個人的な感情が入ってしまいそう。

逆にいうと、審査員はそういう個人的な感情を殺して

フラットに審査しないといけない。

 

ただ、今回はそういう部分が弱かったのかなぁと。