読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE MANZAIを個人的に純粋に楽しめなかったことから思う賞レースの功罪

遅ばせならTHE MANZAIを見た。

 

ベテラン多数による漫才の祭典

 

去年までのコンテスト形式からの変更。

いわゆる名だたる面々による漫才がひたすら見ていくことになる。

 

テレビでは普段なかなか見ることのないキャイ〜ンおぎやはぎの漫才、

また東京では珍しい、矢野・兵動海原やすよ・ともこの漫才など、

そういう意味では貴重な番組とは思う。

 

そして締めは爆笑問題という流れ。

 

ナインティナインもすりゃよかったと思ったり。

 

個人的には純粋に楽しめなかった

 

テレビでつけて漫才を見ることは普通にあるし、漫才を見るということ自体には

さほど抵抗がないけれども、それこそキャイ〜ンの漫才を見たとしても

それを別に楽しみにしていたというわけでもないし、

ちょっとふふっと笑えるくらい。なんとなく残念な気持ちに。

 

 

M-1など賞レースのメリット

 

私自身は劇場に足を運んでいるわけではないので

普段見たこともないような芸人やものすごい緊張感が生まれる笑いというものを

生み出すM-1はチャンスの塊だし、若手の芸人にとっては希望にもなると思う。

 

実際に、年末のオールザッツ漫才においても若手のトーナメントがある。

こちらでもまったく見たこともないような芸人がネタをする。

 

それは普段なら絶対にチャンネルを変えてしまいそうだけど、

トーナメントに勝ち上がるかもしれないという意味からも、つい見てしまう。

 

仮に今回のようなTHE MANZAIで、まったく知らない若手が出ると

見るかというと見ない可能性が高い気もする。

それだったら名前が売れている中堅芸人がどんな漫才をするのかという方が興味も大きいだろう。

 

そう考えると、若手にとっては非常にこういう賞レースは価値が大きいし、

新しいものをみたいと思っている私にとっても、とても価値が大きい。

 

 

ただし、デメリットもある気がする

 

名前が売れてないということもあり、純粋に面白くないというリスクがある。

実際、オールザッツ漫才のトーナメントではまったく受けないコンビなどもある。

 

 

また、逆に賞レースではないとした場合、一つの娯楽として考えた場合

通常のバラエティやエンタの神様のようなコントや漫才ごちゃまぜの笑いの方が純粋に楽しめる気がした。

 

そういう意味では、賞レースというのは貴重な存在ではあるけども

逆に普通の漫才番組というのをもはやゴールデンタイムで行うことが難しいものに

してしまったのではないかとさえ感じた。

 

 

でも実際視聴率はというと

視聴率自体は、前回よりもアップしたみたい。

 

「THE MANZAI 2015」 平均視聴率13.9% リニューアル成功

 

 自分が世間とずれているのかなと。。。

ただ来年もう一度同じようにネタをするだけというのは苦しい気がするんだけどねぇ。。

 

 

 

THE MANZAIで個人的にうれしかったこと。

「たけし賞」というものがあるならば・・・

という問いに対して、「海原やすよ・ともこ」を選んでくれたことですね。

 

THE MANZAIを通して、テンダラーに注目が集まったように、

東京でも海原やすよ・ともこ」の名前が売れると嬉しいなぁと。

なんとなく個人的に。