プロ野球戦力外通告2015を見たけど、NPBのセカンドキャリア問題が一向に改善されてないように思う件について。

つい見てしまう番組。

 

www.tbs.co.jp

 

戦力外通告 = 即無職

実際考えると普通にエグい話すなぁ。

 

今回取り上げられた3名は、

出産控えてるとか、結婚控えてるとか、重い話。。

 

戦力外通告を受けてしまうと、NPBなどで野球を続けるために、

トライアウトを受けてオファーを待つしかないという。

 

本人もそうですけど、奥さんはもっと大変やろなぁと。。

 

 

セカンドキャリア問題

先日もこんな記事が話題に。

www.huffingtonpost.jp

 

要は引退した後の就職をどうするのかという話。

野球はサッカーなどに比べると、プロとして期間が長いので

そのあたり整備されているのかというとそうでもなさそう。

 

セカンドキャリアについてのアンケートを見てみると

以下のようなアンケートがある。

 

npb.jp

 

戦力外通告を受けた選手へのアンケート。

年代別でまとまっているが、主に、野球関係に就職したのか野球外の一般企業に

就職したのかというアンケート。

その中でも、"未定・不明"というものがあり、それらの数字に着目してみたところ、

 

f:id:kitano_ow2:20151231032321p:plain

 

 

f:id:kitano_ow2:20151231032356p:plain

 

基本的にはまぁ横ばいのように見える

%で考えてみると、

 

f:id:kitano_ow2:20151231032616p:plain

 

てな感じ。2011年だけが飛び抜けてはいるけども

基本的には増加傾向のようにさえ思う。

 

独立リーグへの転職

今回の番組でも話としてあがったが独立リーグに転職したからといって

生活が安定するとは言いずらそう。チームにもよるだろうけど。

 

ちなみに、独立リーグへの転職は

f:id:kitano_ow2:20151231033225p:plain

 

%で見ると、

 

f:id:kitano_ow2:20151231033307p:plain

 

こんな感じ。

 

改善されないのはなぜか?

正直そこまでは調べ切れてないし、全く検討もつかないけども。

 

www.zakzak.co.jp

 

この記事にあるように

野球が好きで野球界から離れがたいんでしょうね

という話

 

番組最後でも中後選手がおっしゃっていた

"野球から離れられない"という選手自身の気持ちの一つ原因として

あるのだろうか。