読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックバイトで得た3つの行動指針が、今も心の支えになってるという事実

社会

今週のお題「20歳」

だそうで。

 

こういうのにのっかるのは若干気が弾けるが。

 

20歳で思い出すのは、今でいう所のブラックバイトでの経験だろう。

 

お世話になったのは事実なので、ブラックバイトと表現するのは少し気が引けるが。

その時の上司が非常に情熱的な人で、その人から様々なことを学んだ。

いわゆる仕事に取り組む姿勢みたいなもんを。

 

今でこそ、和民社長などが意識高いことをいうとすぐに炎上してしまうわけだけど、

意識をかえて行動に移すことで状況が改善されることもある。

 

特に行動に迷った時の指針となるような考え方というのは、

ワイにとってはやはり重要で、そういったものを学んだと思う(まぁ色々不満もあったけどね)

 

 

1. するかしないかで迷ったらする。

 

ボクは岬太郎 (ジャンプコミックス)

ボクは岬太郎 (ジャンプコミックス)

 

 

岬太郎君のお父さんが言った、「やらないで後悔するよりやって後悔した方がええやん?」的な話。

(わいの初見が、キャプテン翼だったというだけで、いろんな人が言ってると思うが)

 

相手や周りのことを気にしたり、失敗を恐れてしまい、

行動へ二の足を踏むことがある。

 

そういった時は、この言葉を思い出す。

 

もちろん失敗することあるんだけど、そういう時に思い出すのが、次。

 

2. 失敗するより何もしないこと方が問題。

1回目失敗するのは全然良いよ、でも同じ失敗はするなよ。というお言葉も添えて。

2回目失敗したらどうなるかわかってるやろな的な圧を感じるような言葉だけど。

 

要は失敗を恐れんなっちゅうことを言いたかったんだろうけど。

んで、失敗したとしてもそこから学び同じ失敗をしないようにすればいいと。

なので、失敗してもいいよと。それより何もしないことの方が評価しないよ

的な話かなと。

 

 

3. リーダーはスローガンをたてるだけではなく、それを常に行動で示さなければならない。

的な感じだったかな。

 

サービス・マネジメント

サービス・マネジメント

 

 

その上司に読めと言われた本。こういうのも今だったら炎上しそうやな。

この本の中に、そういう一節があったことを記憶してる。

もう12,13年前だけど。それだけインパクトがあった気がするなぁ。

 

要は口だけじゃダメよと。それを行動で示さなければ、

説得力がないだろうし、誰もついてこないだろうと。

 

まぁそんな感じ。

 

今思えばストレスのたまる職場だったが。。

給料安いし帰り遅いし人間関係疲れるし怒られるし、ストレスの連続だったが、

今でも思い出すこういった考え方を持つことができたことは

自分にとっては良かったと思う。

 

人によっては、それを宗教だとかと洗脳だとか言いそうだけどね。

 

まぁ、そんな感じ。