読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長谷川豊氏の子育て論に思う。

まず一発目の燃料投下

 

blogos.com

 

ええ、煽っとるね。

 

blogos.com

 

で、一発目に対しての反論に対しての記事。

もはや元々の育休の件は遠い話に思えるほど何が言いたいのかわからない。

 

 

0歳-1歳時の子育ては体力的どころか精神的にもかなりきつい※ただし赤ちゃんによる。

 

当方3人の子持ちでござる。

長谷川豊氏は、「体力的にきついだけ」というが、実際には精神的にもきつい。

ワイの家も夜泣きがとにかくえぐかった。

その時をふり帰ると、

寝れない。

→そりゃ、泣いてますからね。しかも、1時間間隔とか数十分単位とか。

 

grapee.jp

 

こんな記事最近目にした。てか、こんなもんだいぶ前から言われてた。

ワイんちも一回試したけど、効果はなしでしたよと。(10年以上前やけども。)

 

抱き続ける。

→寝たと思って、下ろした瞬間に泣くことが多々あるので、それもきつい。

なので寝た子供を延々と抱き続けるという。その間何もできない。ひたすら子供の顔を見たり、悶々と考え事をしたり。。

 

いつ終わるかわからない。

→毎日毎日続くといつになれば落ち着くのかと、そりゃ追い込まれるよと。

 

風邪引く。

→子供の病院行くと思うんだけど、ほんまみんなよくひきますわ。

 

(一人目の子育ての場合は特に)とにかく初めてのことだらけ。

→オムツをかえるとか、そういうのはすぐなれるけどね。ちょっとした変化、腫れたりとかね、そういうのでも不安になったりするもんでしてね。

 

などなど。

決して子育てって大変よと煽りたいわけでもなく、大変だったアピールをしたいわけでもなく、まぁそんな感じでしたわなぁと。

 

体力的にきついのは当たり前。さらにそれが継続的に続くと精神的にも

追いやられるのは自明であって、長谷川氏はそこを考えられないのはやはり思慮が浅いんじゃないかなぁと思うんだよなぁ。

 

fujipon.hatenablog.com

 

こちらにもそのようなご指摘があったように、まさに"想像力が欠けている"というかね。

 

ただ、実際、赤ちゃんによっては、夜泣き全然ないとかいう子もいるみたいで、

すげー羨ましがったのも覚えている(育て方とか接し方とかかもしれないけど、それはわからない。

 

長谷川豊氏は子供が大きくなってからの方が大変だというが。

確かに子供が大きくなるにつれて、また悩みも増える(というか変化する。)

 

ただ、学校とか行き始めるじゃないですか。

幼稚園とか保育園とか行き始めるじゃないですか。

 

なので、フルに休みいらないんじゃないかなって普通に思うんですよ。。

(元々育休の話だったので)

 

もちろん、子供とか風邪はひいたりすることが多いので、

融通効いたり、理解のある職場が増えていったりするといいなぁってのはあるけど。

 

子育てで一番大切なのは(母)親の精神的安定かと。

もちろんお金とかも大事よ!

 

これは実体験に基づく話で恐縮だけども、子供が泣いたら抱いたりあれやこれやとやってきただんけど、どうしても母親(妻)じゃないとダメ(泣き止まないとか)って時が何回かあった。なので、やっぱり母親が子供に関わる時間というのはどうしても割合的にも増えてしまってた。

 

さっき書いたようなことを、一人で背負いこもうとするなら、そりゃ大変ですわ。

可愛いはずの子供に対して素直な気持ちで接することができないなら、

そりゃ本当によくない。

 

なので、サポートし合える人は一人でも近くにいる方がいい。

 

つーことで、育休制度にはまぁ賛成です。

 

雑な締めですが、まぁこの辺で。