読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリセンボン近藤春菜さんへのいじりについて、日本国内でのお約束ネタは、海外の人にとってはタダの内輪ネタというだけの話な気がする。

お笑い

スッキリで、すべったようです。

 

spotlight-media.jp

 

いつものいじりが伝わらず滑ったという話。

 

アリアナはCM中、近藤に「あなたは本当にマイケル・ムーアに似てないから。私が約束する」と声を掛けたそうだ。

 

ということ。これは番組中に、春菜本人がいっていたよう。

 

これを受けて、

人の容姿を笑う、その笑いの中に嘲りが含まれているものは、もはや許容されない。不細工も肥満も薄毛も出っ歯も、それを笑うことは差別的な行為だという認識が急速に浸透しているからだ。

という意見があったり。

 

つっても、spotlightは一週間前くらいに

spotlight-media.jp

 

って記事載せてんだけどね。まぁ転載元が違うんで、意見に差異があるのは

仕方ないと思うけど。

 

容姿いじりは差別か。

いじりといじめの線引きは時々論争になる印象がある。

当人たちがよくても、いじめを助長するなどという意見もあり。

 

ただ、今回の件についてはさすがにちょっとひっかかった。

 

マイケルムーア監督やシュレックと揶揄していじることは、

面白いとかはおいといて、もはや定番中の定番で、お約束ネタ。

 

日本のテレビでは当たり前の話でも、他国の人からすると全く意味のわからない話。

(実際にまぁシュレットクと似てないわけだし。

 

言葉のわからない国の、内輪ネタをいきなり見せつけられて

それにノれってのは、非常にタチの悪い話。

 

それで戸惑うのも当然のことかと思う。また、それを知らない人からすると

春菜がいじられていると理解できずに、同情的になりフォローを入れたくなる気持ちもわかる。

 

いわゆるお約束ネタは事前に共有させるべき

当たり前だが、今回はそれを共有させてなかった番組サイドの問題かと思う。

新喜劇で、"ごめんくさい"に対して、みんなこけてる中、ただ一人立たされてるような状況を作ってしまってる。

 

もちろん海外の方にそれを共有させて理解させろってのも無理な話だろうから、

そんなお約束はさまずに、無難なトークで済ませるべきだったのかなぁと思ったり。

 

 

改めて、容姿いじりは差別か。またそれは浸透しているのか。

これは正直わからない。

トレンディエンジェルの斎藤さんのハゲネタなどもそうだが、

当人たちが納得しているのであればいいのではないかと個人的には思ってる。

 

ただ、今回の件に関しては、

人の容姿を笑う、その笑いの中に嘲りが含まれているものは、もはや許容されない。

という捉えるよりも、番組サイド(かMCの加藤の判断)がしくっただけじゃねーのと思ったので、ちょっと書いてみた。

 

本人が嫌がるのに、いじりをすべきではないと思うけど、

今回、なぜ

人の容姿を笑う、その笑いの中に嘲りが含まれているものは、もはや許容されない。

と捉えるのに違和感を覚えるか。

それは、近藤春菜さんが今回の流れで、

笑いにならなかったことへの責任をちょっと感じてたりするんじゃないかなぁと勝手に思ったから。あくまで個人的な推測ですけどね。

 

まぁそんな感じで。