読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本「ママのスマホになりたい」に釣られる

身につまされるという部分もあるが。

 

絵本というが、子供向けではなく、大人向けな気がする。

そして、まぁ泣いてまうという。

 

ママのスマホになりたい

ママのスマホになりたい

 

 

スマホに夢中な親に対する子供の悲鳴のような。

まぁ実際にありうるでしょうなぁ。

この絵本では、「スマホ」→「テレビ」→「弟?の世話」というスパイラルな

母親に対して、もっと見てほしいという子供の願いを伝えるまでの話。

 

ただ、これはあくまで親を責めることを目的にしていないそうな。

 

ure.pia.co.jp

 

それで分かったのは、スマホはけっこう脳の負担になっているということ。人ってぼーっとしてるときに一番α波が出てるから、何もしていない時間っていうのもけっこう大事なんです。

 

だから、スマホを見るよりもぼーっとしたり昼寝をしたり子どもと遊んだり、そのほうがママにとってもいいんです。

 

もちろん休息が必要な場合もあるだろうから、たしかにスマホを見てしまうことを責められないが、見てばかりいること自体は、あまり良いもんでもない気がするが。

 

 

実話がベースになっているとか。

Singapore news today | PRI SCH BOY: I WISH TO BECOME A SMARTPHONE SO MY PARENTS WILL LOVE ME MORE

 

シンガポールの小学生が実際にそういった作文を書いたんだとか。

しかも教師というのがまたたまらんが。これが実話かどうかまでは調べてない。

 

記事にはその夫婦の会話の概要が書かれているが、

 

Wife: ‘Listen. My wish is to become a smart phone. My parents love smart phone very much.


- More at AllSingaporeStuff.com http://www.allsingaporestuff.com/article/pri-sch-boy-i-wish-become-smartphone-so-my-parents-will-love-me-more
FB: http://fb.com/allsgstuff

 

After listening the note husband got emotional and asked the wife, ‘who wrote this?’. Wife: ‘Our son’.

 

 

スマホに"子育て"をさせるのとはまた少し違う話。

スマートフォンを渡し子育てをさせることとはまた違う話。

これの賛否についてはおいといて、スマートフォンを親が見るというケース。

 

これは、あくまで親がリフレッシュすることが主目的であり、

子供はどちらかというと蚊帳の外の話である。

 

スマホを見て例えばゲームをするとか、SNSやニュースをチェックするという行為

それ自体は本当に今しなければならないことかというと、そうではないことばかりだろうなぁと。

 

子育てはもちろん大変だし、親の苦労や大変さもわかる。

隙間時間でちょっとリフレッシュしたくなるのもわかる。

 

ただ、子供の問いかけに対して、スマホを見ながら返事をしたり、

返事が遅くなったりしてしまうのは、行き過ぎな気がする。

 

これを正当化する気にはちょっとなれないなぁという感じ。