読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【芸人迷子】"俺は頑張っている症候群"の人たちにとってのプライドという足枷

最近解散したハリガネロックユウキロックさんの解散にいたる経緯などが記された自叙伝。ぱっと読み切れたが、あまり知りたくない部分もあったが。

 

芸人迷子

芸人迷子

 

 

私にとってのハリガネロックの印象としては、

やはり第一回M-1の準優勝。もちろんラジオなども聞いていたんだけど、

それが一番大きい印象かなと。

 

俺頑張ってきた感がすごい

確かに結果を出してきたし、M-1のことやオンエアバトルなど

また各種賞レースについての受賞に向けて行ってきた事などがツラツラと

書かれている。

 

もちろんそれに向けての苦悩などもあるわけだし、

実際に漫才で勝ち上がってきた事がすごいと思う。

 

ただ、実際の所、読んでいる限りでは、

コンビとしてというよりユウキロック"一人"が頑張ってきたような

印象を受けることは否めない。

 

こういった人の傾向としては、環境のせいや周りの人達にしがちだなぁと思っていたが、実際にそうだった。

 

解散はほとんど相方のせい

結局の所、相方である大上邦博さんに原因を置いているように思える。

 

ユウキロックさんとしてはブラックマヨネーズなどのインパクトより

大上邦博さんの自立を求めてただ待っていたと。

 

そして、特にアクションがなければ解散を勝手に決めていた。

(最終的には、実際にそんなこんなで解散する)

 

相方に対しての不満が延々と書かれているのはさすがに読んでいて

ちょっと居た堪れない印象。

(例えば相方の結婚のエピソードなど

 

それが芸人として売れるために必要なことかもしれないし、

それほどまでに売れることが難しい部分もあるかもしれないが

 

ブラックマヨネーズという隠れ蓑

がんばってきた人達にとってはその過去の栄光や負けを認める事を

なかなか出来ない彼にとって、ブラックマヨネーズは最高の隠れ蓑だっただろう。

 

かつて島田紳助さんが、ダウンタウンの登場によって、

紳助竜介を解散したように、

ユウキロックは、ブラックマヨネーズを選択した。

 

ブラックマヨネーズは言わず者がなM-1で優勝してから

もはや一定の地位を確立しており、完全に売れっ子芸人。

 

隠れ蓑としては申し分ない。

 

ただ紳助のケースと全く違うのは、ユウキロックは紳助ほど売れてない。

 

それで、ブラックマヨネーズがすごくて、と言われても虚しいだけだった。

 

過去の努力や栄光にすがるプライドという足枷

相方の大上さんは、芸人であることをやめてしまったが、

 

twitter.com

 

とてもポジティブに前を見ている印象が。

成功するかどうかは別にして。

完全に吹っ切れているくらいに。そういう意味では、

ハリガネロックにかけてきた思いの差もあるんだろうなぁと。

(解散後はバイト3つの掛け持ちをしていたとか)

 

次のステップについては、ユウキロックの方が大変そうだなぁと。

結果を出してきたのは事実だし、

漫才なら、客相手に笑いを取るということについてのプライドが、

邪魔になるんじゃないかなぁと思ったけど、

これを書いたということは、ある意味、それを捨ててしまったのかなと。

 

は思えなかった。

 

逆にまだ引きずっているという印象があったなぁ。

 

ちょっと面白いエピソードも

過去ライブのチラシだったか、それ用に写真撮影を小藪一豊さんに依頼したそう。

それを小藪は快諾してくれたとか。

 

 

以前アメトーークで"カメラかじってる芸人"という回があった。

小籔が荒ぶって、周りにダメ出ししまくるという回だったわけだが、

そこにユウキロックも出ていた。

 

megalodon.jp

 

ちょっと殺伐として雰囲気に対して、ちょっとした苦言的なものをブログに書くという話があった。

 

まぁ本人たちにとってはネタなんだろうけど。

 

芸人迷子

芸人迷子