読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画・妖怪ウォッチ】ユニークな設定よりもいつもどおりな脚本を希望したいのだが。

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」見に行ってきた。

 

邦画豊作と言われた今年においても

前作・前前作よりとりあえずオープニング2日間の興行収入は下がってる。

 

www.cinemacafe.net

 

1位にはなかったが前作の57.5%

eiga.com

 

同作は全国415スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員54万5211人、興収6億0803万3100円を記録した。

 

第二回のときもネタにしたけど、とりあえずオープニング2日間については

入りが下がってるのは明らか。

 

kitano-ow2.hatenablog.com

 

だいたいこんな感じ。

 

f:id:kitano_ow2:20161228175233p:plain

 

 

興行収入

 

f:id:kitano_ow2:20161228174823p:plain

 

動員数

f:id:kitano_ow2:20161228174843p:plain

 

 

とりあえず50%-60%程度で下がっていってる。

初回の入りが良すぎたのかもしれないが。

 

実写とアニメの融合?が今作のウリみたいな感じだったが。

実写とアニメを組み合わせるという内容だったが、

実際の所そういう視点では違和感は比較的少なく見れた。

 

ただもう脚本が。。。。

 

怪我をした少女のストーリーだったわけだが、

前作の5個あるストーリーの一個分くらいな話を

主軸にして進行している時点でなんかもう嫌な予感しかしなかった。

 

あと実写キャラのケイタに突っ込みやボケをさせることになるんだけど

それはやっぱりアニメの方がハリがいい。

 

また、実写の必要性もあまりなく、とりあえず実写やったらインパクトあるんじゃね?みたいなそういったインパクトを求めただけとしか思えない。

 

日野晃博の裸の王様化はしてないだろうか。

レベルファイブをここまで大きくし、妖怪ウォッチを生み出してる時点で

とてもすごい人だし、尊敬もしている。

 

ただ、さすがに今回はという所。

 

cp.yokai-punipuni.jp

 

こんなネタ記事があったが、笑えない部分もあるんじゃないかなぁと邪推してしまったり。

 

第二回目の映画から、脚本に名前があったりするしね。

 

 

第一回目のように好きに遊んでいる感じがいいんだけどねぇ。