【紅白歌合戦】白組・紅組を通しての最終曲として「OneLove」という流れにした事がNHK最大の失敗

最後ずっこけそうになったわ。

www.nhk.or.jp

 

紅組勝利という茶番はどうでもいいわけで。

白組の方が視聴者投票が多かったとか基本的にどうでもよく

 

まぁ正直そもそも紅白歌合戦としては競い合ってる空気がそもそもほとんどないわけだし、白組優勝目指して頑張りましょう!とかそういうセリフは寒いだけなので

もはや周知である。

 

また相葉ちゃんがカミカミだったのは、まぁNHK側の進行の問題もあるだろうし。

 

嵐がトリというのは特に問題がない。

微妙な気もするけど、まぁいいかなって感じ。

 

ただ曲がしんどい。

「A・RASHI」、「Happiness」、「OneLove」としたのか。

もうそれは、リリース順とかどうでもいいから、「Happiness」「A・RASHI」で締めるべきだろう。

 

曲調としては、「OneLove」がいいかもしれないが。

 

AV女優とスキャンダルをとられた松潤の本命とのきっかけとなった「花より男子

花より男子」の映画版の主題歌が「OneLove」である。

 

shukan.bunshun.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この文春砲をどうしても想像してしまう。

 

ただ、まぁこれはこの話を知らない人からするとまぁ

どうでもいい話だろうが。

 

それよりももう一つの理由としてが一番気になってる。

それは、

「OneLove」は松本潤のソロパートが多い。

ことである。これが一番しんどい。

 

まぁ花男の映画版の主題歌ということで仕方ないことだが、

あの歌合戦と銘打ってるわりに、あの歌声をラストに持ってくるのは

非常にしんどい。下手とは言わないが、SMAPの中居のようにその歌声がネタになってるということもない。

 

むしろそれがいじれないイケメンキャラによるのあの歌をラスト披露されたほうがとしては、もう正直どうしていいかわからないレベル。

 

嵐はSMAPを超えれない

現時点では。

そう強く感じた紅白歌合戦でした。

 

 

買ったで。