読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オールザッツ漫才2016】「クロスバー直撃」優勝は、売れていないベテランを優勝させるという風潮の末路

お笑い

オールザッツ漫才一つ一つのネタに面白い・面白くないというのは

まぁいいとして。

 

オールザッツ漫才2016 | MBS

 

ニュースターバトルトーナメントで「クロスバー直撃」が優勝

クロスバー直撃というオールザッツ漫才のトーナメントでは常連で、

あと一歩で優勝を逃すなど何度も辛酸をなめてきた。

 

クロスバー直撃のネタ自体は、

小道具を多用して、茶番を見せれるような内容。

 

手作り満載の小道具と、口で効果音を表現し、ネタを展開していく。

 

発想自体は良いと思うが、面白いかどうかは全く別。

特に審査基準である"もう一度みたい"というものでものなく感じた。

 

それに対して、客や会場の雰囲気では、もう「クロスバー直撃」だと

とにかくうける。もうそろそろ優勝させてあげたいという空気が充満しているようだった。

 

フルスイング王決定戦では、「女キャッチャー」(守谷日和)が優勝

これも、そもそも女キャッチャーはニュースターバトルで登場していて敗退していたが、千原ジュニアの呼びかけで急遽ネタを行い、勝ち抜きした。

 

これも、次から次へと挑戦者が出てきたが、

もう女キャッチャーが勝ちそうな空気が、

見てる側でも感じれられるほどだった。

 

まぁ他のコンビ等のネタも深夜向けということで、

微妙なものも多かったが、それにしても一つのコーナーとしての

茶番感はすごかった。

 

 

その他賞レースにおいても感じるこの風潮

オールザッツ漫才ほどの知名度・ノリであればさほど話題にもならないだろうが、

キングオブコントバッファロー吾郎

M-1笑い飯

のように、

「売れてないベテラン」や「優勝させてあげたい芸人」が微妙な判定の末、

優勝してしまうことには違和感があるし、物議を起こすことも多い

 

これは正当な評価といえず、業界としては良くないものとは

勝手に考えてたりしている。