読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【R-1 2017】ネタを飛ばしたブルゾンちえみが視聴者投票1位になっちゃった問題と、アキラ100%の大道芸のようなネタについての是非

アキラ100%が優勝しました!

 

まずは反省会から。

kitano-ow2.hatenablog.com

 

Aブロック・・・復活ステージ3位(正直ここに上がってる人はどれも微妙や)

Bブロック・・・ルシファー吉岡、次点ゆりやん

Cブロック・・・アキラ100%、次点マツモトクラブ

と予想してたので、2勝1敗ということで。。

Bブロックは全くの予想外という展開。石出奈々子さんが勝ち上がり。

 

ルシファー面白かったけどね!

 

ブルゾンちえみ、ネタ飛ばすが、視聴者投票で1位

with Bがいない状態で、いつも通りのネタを披露したわけだけど、

途中完全にネタが飛んだっぽい。見てるこっちとしてもやばいんちゃうかと。

 

2年目いきなり売れっ子で、あれよあれよの大舞台ということで、さすがにキャラと違って緊張もしてたのか。

 

ネタを飛ばしてしまった事自体はともかくとして、Cブロックでまさかの視聴者投票で1位に。さすがにこれは誰もが苦笑するレベル。

 

まさに視聴者投票の無意味さを証明した。

正直全く理解できない。ちょっと知ってる人が出てるから投票するというのだろうか。

それともファンだから投票したのだろうか。テレビにすでに出ている人はもちろんファンが多いだろうが。

 

そういう意味では、ゆりやんも、横澤夏子もウケ以上の視聴者票が入ってた印象。

横澤夏子なんて、だだスベリやろ。

 

 

アキラ100%はお笑いネタというよりも大道芸。

どれだけ、お盆を落とさないか。みたいな。

正直期待していただけに少し残念。

 

見飽きられてるかもしれないが、丸腰デカといったコントで勝負してほしかった印象がある。この大道芸もアキラ100%の知名度だからこそ出来たものだろう。

 

知名度がない芸人がやったとしても、はぁ?って感じだろうしね。

 

ただこうなってくると、「面白い」ではなく単純に「スゴい」というわけが評価される。それは、単純なインパクト勝負のようなもので、純粋にピン芸人としてテクニックを上げたり、笑いを追求しているような人達からすると、

なかなか納得し難いものがあるのではないかと。

 

 

R-1グランプリそれ自体が壮大なコント

最近そう思う。

R-1ブランプリという大舞台で、裸芸を披露し優勝してしまうというコント

R-1ブランプリという大舞台で、アングラ芸人(ザコシね)が無茶苦茶なネタをしてしまう優勝してしまうというコント

 

 

ストイックに芸を追求している人達に光が浴びるような形になっていってほしいなぁと。

 

 

おいでやす小田とルフィファー吉岡

が個人的には面白かった。2人とも完全な話芸。

効果音なども無し。小道具も最低限。というか無い。

 

こういったスタンダードでシンプルで面白いネタの芸人が優勝してしまうと、

大会としてはインパクトが小さいかもしれない。

 

 

実際に、過去の優勝者でも、やまもとまさみあべこうじ中山功太など

その後そこまで目立った活躍をしているというわけでもない。

 

今回のブルゾンちえみや、横澤夏子のようなパンダ枠は仕方ないにしろ、

ちゃんとしたネタが評価されるような大会になってほしいなぁと思う。

 

こういう色モロ(失礼)は、フリートーク中心の現在のバラエティでは扱いにくいし、

そうなってくると、R-1で優勝したけどテレビで活躍していないとなり、

R-1の大会の優勝の価値というものもそれはそれで薄れてしまう気がする。