読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【A LIFE】9話 浅野忠信、無事崩壊の話

A LIFE

来週最終回だそうで。普通に楽しんで見てる。

www.tbs.co.jp

 

www.instagram.com

 

浅野さんの定番の投稿も見ながら。

 

***

今回は主に2つの話が進行。

沖田(キムタク)と壮大(浅野忠信)がそれぞれオペを行うというもの。

沖田の方は、母子家庭、その母親の手術。

子供が母親を心配するあまり、一番優秀な医者に手術をしてほしいという依頼をする。

 

壮大の方は、現職大臣の手術を行う。この手術が新しいアプローチの手術で、病院のブランド向上を狙うという話で。

 

***

沖田担当の子供が無礼すぎるということで、なんともちょっともやっとした感じに。

最終的には子供が沖田のような医者を目指すという流れになるが、

手術後、ベルギーの王様を担当した医者ということを知らないまでは、その子供はずっと失礼なことを言いまくる。母親を心配するあまり・・という展開ではあったが、

そもそも沖田(キムタク)は手術に成功し、キムタクがキムタクらしく壁にもたれながら講釈をたれても、文句を言ってきた子供に見ている側は少し辟易する感じも。。

 

***

壮大(浅野)の方も、手術に成功。さすがの実力を見せるという展開。

柴田さんという優秀な看護師さんのフォローがメインだった気もするが。

 

手術の様子を見せ物にするような感じだったけど、新しい症例とかそういうものなのかしら。そこに対して医者からの反発とかあったりするのかなぁという流れになるのかなと思ったら、基本的には壮大すごいねぇ的な話で終わり。

 

***

松ケンの癒やし力は健在。すこし力量のない看護師さんへの優しいフォローやキムタクへキレてもその直後に戸惑うような素振りには見てて好感。

 

焼肉を食うシーンなんかも、まぁ展開的にはキムタクがメインなんだけど、場を完全に支配していたのは、松ケンじゃないかしら。

 

***

 

深冬(竹内結子)の手術を誰が担当するかという問題。

大臣の手術に成功した壮大が、手術担当を宣言するが、深冬自身が沖田を希望する。

 

沖田・壮大・深冬3人いてる状態で告白に、壮大が取り乱し、アンド副院長解任の展開に。深冬が「(手術に失敗して)死んだとしても、カズなら良いのか」という発言はさすがというかなんというか。

 

***

一話一怒鳴りの柄本明は健在。 ふらふらした感じでしっかりと確実に怒鳴る。

なんか一番悪い役は、菜々緒でもなくミッチーでもなく柄本明ではないかと

なんとなく思ってしまうレベル。

 

***

 

とりあえず来週最終回というのは少しさみしい感じ。