【仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦】ヒーローのモブキャラ化とかは子供には関係ないと言う話。

ゲームキャラが出てくるというわけなので、どんなヒーローも出せるが、感情はほぼ存在しない模様。電王とか一部キャラについては、別だったわけだけど

 

www.superhero-movie.com

 

スーパーヒーロー大戦シリーズ。そのたびに、過去作品との整合性など度外視した展開があったわけだけど、やはり、あの思い入れのあるヒーローがちょっとしれっと出てきたりすると、子供からすると嬉しいんだろうなぁというところ。

 

 

***

ジュウオウジャーについては、アムだけだったけども、最終的には全員そろったわけだし、とはいえ、もちろん変身前では全員揃ったというわけではなく、なんか大人の事情かなぁとか考えてしまうのは、もう年をとったということですね。はい。

 

***

 

あと、九条貴利矢が登場するわけだけども、もう一瞬過ぎて、ビビるレベル。

人気キャラだったのかもしれないけども、CMシーンが全てだったとさえ思えるレベルで1分未満の登場というのは、これも大人の事情というか、客引きパンダ的な扱いで、レーザー出しちゃったのかなと考えちゃうと、これまた年を感じてしまうわけです。

 

というか、社長の扱いが悪すぎて、びびったわけだけども、つーか、なんか発表記者会見に出てなかったっけ?とか思っちゃうけど、実際声だけだったからね。しかも、一言二言。

 

 

***

柱となるストーリーがあるわけだけど、それが微妙に感動路線だったが、メインとなるバトルの間間に出てくるこの感動路線についていけず。

 

まさかのキュウレンジャーは、ナーガがメインという展開で、ラッキーその他のキャラの扱いの悪さはなんとも切ない。

 

最後に、ラッキーが"よっしゃラッキー"と登場するが、飛彩が"俺の辞書にはラッキーなど存在しない"とバッサリしちゃって、もうキャラ全否定やん的な発言にびっくりしちゃったよ。

 

***

映画館でみたのは始めてだった、スーパーヒーロー対戦。

たぶんもう映画館で見ることはなさそうな。。

 

www.movie-taisen.com

 

個人的にはこっちのほうがだいぶよかったかなぁと。

やっぱりヒーローがちゃんと意思をもって変身しているシーンが良い感じやね。