【ガキ使SP】川口春奈が家電量販店のくだり全カット(全モザイク)の件について

www.sponichi.co.jp

 

スペシャルということで、リアルタイムで見たんだが、

もう一発目の家電量販店の件が気になってしゃーない状態に。

 

滝沢カレンに隠れておバカキャラがもう一人いた説。

番宣枠として参加の川口春奈さんが実はおバカキャラなんじゃないか説。

もちろん女優として活躍されているので、それを前面には出してないんじゃないだろうかというところもあるけども、ある意味早々にピエール瀧と合流できたのか

かなりの幸運なのかもしれない。

 

高いビルというお題に対して東京モード学園と答えるのがその片鱗なのかもしれな

(東京モード学園は実際にけっこう高いようだが)

 

一つ目のお題「家電量販店」でのくだり全カットという謎の事態に。

はじめは移動の車中のトークとかは対して盛り上がらなかったのか、

適当にカットしたかと思えば、今いてる場所さえも発表しない始末。

 

しかも、いてる場所がわからないように、全部背景についてはモザイク加工が行われていた。

 

とりあえず、家電量販店を理解出来てなかった滝沢カレンインパクトが大きかった部分もあるけども、その言葉を理解できない人もいてるということが、

逆に川口春奈もそれと同様の可能性があるんじゃないかと探ってしまう。

 

とはいえ、いくらおバカキャラだったとしても、全部モザイクにするまでの加工を行うのか気になった次第ではあるのだが。

 

CMがらみ?

実際にtwitterあたりで気になって検索してみたら、気になっている人がちらほら。

風俗街をうろちょろしてたわけでもないのに、周りまで全部モザイクにしてしまう必要もないわけだし。家電量販店を無料案内所と勘違いしていたらもはやかなりのタフボーイである。

 

 

家電絡みのCMに出ているのもかかわらず、家電に対して詳しくないというイメージをつけるわけにはいかないとかそういうのだろうか。

 

 

こんな猛者な方もいらっしゃいますが、まぁそういう家電屋さんはなさそう。

 

とりあえず、年末恒例の未公開部分の放送があるように、今回のSPの未公開部分放送を今後あることを期待したところではある。

 

 

なにはともあれ、最高のスタートで、最高のエンディング

 

赤坂見附ビックカメラダウンタウンだけが合流するというスタートで始まり

変人田中がジョーカーと出会って終わりというのは、最高のエンディングな気がした。

 

ゲストはいらないという方正のぶっこんだトークなども楽しく、全体的に楽しめる展開ではあったかなぁと。

 

初回からこの企画見ていたけど、これ今年からだったのかな。

こういうスペシャル版を組めるほどの企画をなんだかんだで生み出しているガキ使はすごいなぁというところで、西川きよしのオーディション企画の録画を消化したいと思う。